ヘアログ

メンズ・レディースのヘアセット・ワックスなど、髪に関するお役立ちブログ。

飛行機 ヘアスプレー

スプレー・ヘアケアアイテム

飛行機にヘアスプレー持ち込みはOK?持ち込める大きさは?

髪の毛を固めたりセットしたりすることに必要なヘアスプレーは飛行機内に手荷物として持ち込みは大丈夫?

という不安や疑問に関して、国内線や国際線(海外)などに分けて細かくご紹介します。

※2017年12月時点での情報となります。

 

 



飛行機内にヘアスプレーの持ち込みはできる?

制限はあるが原則持ち込みOK

ヘアスプレーなどは身だしなみ品として、原則的に飛行機内への持ち込みは可能です。

※スプレーの内容成分にもよります。

ただし、搭乗する飛行機や国内外などによっても規則が変わりますので、

基本的には各航空会社に問い合わせやホームページなどを調べてから持って行った方がいいでしょう。

 

国内線・国際線などによって持ち込み制限量は変わります

ちなみに国内線・国際線などによって、持ち込みできる制限量(ml)が変わりますのでご注意を。

 

国内線の場合は0.5リットル以下

JALなどの国内線の場合だと、1つ0.5リットル容量のスプレーなどを、

お一人様2リットルまで持ち込むことが可能となります。

 

国際線の場合は0.1リットル以下

飛行機に持ち込めるヘアスプレー

引用:https://www.narita-airport.jp/jp/security/liquid/

 

成田空港のホームページなどを調べると、

100ml(0.1リットル)以下の容器に入ったヘアスプレーであれば持ち込み可能です。

ただし、画像のように透明の1リットルサイズ以下の透明なジッパー容器(20cm四方サイズ以下)に入れないと持ち込みできないのでご注意を。

 

 

旅行先に大きなヘアスプレーを持っていきたい場合は?

Vo5やケープなどの大きめのヘアスプレー缶を長期滞在用に持っていきたい場合、

基本的にはスーツケースの中に預ける用の荷物としてであれば、

概ね制限もなく(常識範囲内の容量なら)大丈夫です。

補足ですが、工業用のスプレー(ラッカーやバルサンなど)は飛行機にスーツケースでも持っていけないのでご注意を。

 

 

ちなみに出国手続き後の免税店で購入したものは制限なし

成田空港などでは出国手続きが完了した際に、

免税店などで購入した液体物などは、飛行機内に持ち込みOKとのこと。

なので、出国手続きが完了した後に免税店で購入したものが、

先ほどの制限容量をオーバーしていても、機内への持ち込みが可能となります。

 



 

 

飛行機に持ち込みできる大きさのヘアスプレー

飛行機に持ち込める大きさのヘアスプレーですが、

ハードタイプであればVO5の小さいヘアスプレー(50ml)がオススメです。

 

ふんわりまとめたい方ならこちらがオススメです↓

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます↓







CATEGORIES & TAGS

スプレー・ヘアケアアイテム,