ヘアログ

メンズ・レディースのヘアセット・ワックスなど、髪に関するお役立ちブログ。

髪を洗う

髪に関する情報

髪の毛の正しい洗い方&髪質にあったおすすめシャンプー

2017年12月22日

髪を洗う際は上向き?下向き?

男女必見、髪の毛の正しい洗い方をマスターして、かゆみやフケ、不健康な頭皮とおさらばしましょう。

正しく洗うことによって、汚れも落ちやすくなり、血行もよくなり、

髪の毛がサラサラ・ツヤツヤになりやすくなります。

さらに今回は髪質にあったおすすめのシャンプーも併せてご紹介します。

 

 



髪の毛を正しく洗うメリット

時間は少しかかりますが、髪の毛を正しく洗うことによって、多くのメリットが生まれます。

ざっと挙げるだけでも、

  • 汚れがしっかり落ちる
  • 頭皮の血行がよくなる
  • 生える髪が元気になる
  • ハリやコシが出るようになる
  • 指通りが良くなりやすい
  • 抜け毛予防にもなる

このような多くのメリットがあります。

逆にきちんと洗えていない場合は、頭皮が汚れや油で詰まったりして健康な髪の毛が生えてこなかったり、

抜け毛などの原因にもなりますので、髪の毛は正しく洗った方がいいでしょう。

 

 

髪の毛の正しい洗い方

具体的な髪の毛の洗い方を初めから順番に説明していきます。

ちなみに髪の毛を洗う際は下向きでなく上を向くようにして洗う方が、

顔の皮膚もたるみにくくなるので、効果的です。

 

シャンプーの前に髪の汚れをブラシで落とす

ヘアブラシで髪の毛の汚れを落とす

髪の毛の長い人などは、ホコリなどが髪に付着しやすいので、

ブラシを使用してさっと髪の毛をとかしながら髪の汚れを取りましょう。

整髪料などを使用している場合は引っかかりやすいので、

なるべく目の荒いブラシを使用した方がいいでしょう。

 

 

お湯の温度は少しぬるめの38度くらいに

髪の洗い方のお湯の温度

髪を洗う際のお湯は38度〜39度くらいの少しぬるめの温度で洗った方が、

頭皮に優しいと言われており、必要な油分も落とさずに済む温度設定になります。

 

湯洗いでさらに髪の汚れを落とす

シャンプーをする前に、髪の毛を全体的に濡らしながらシャワーで洗い流します。

整髪料や髪の毛の汚れを湯洗いの段階で落とせるだけ落としておきましょう。

 

シャンプーを全体的に満遍なく泡立てる

髪を洗う

髪の毛に必要量のシャンプーを手にしたら、しっかりと泡立てていきます。

この泡で頭皮と髪の汚れを洗い流すことが大事になります。

 

指の腹で揉むようにシャンプーする

泡立てたら頭皮を揉み込むように指の腹の部分を使ってシャンプーします。

爪を立てるようにしたり強くガシガシ洗うのは頭皮に負担がかかるのでやめておきましょう。

この時のポイントですが、

生え際から頭頂部に向かってマッサージするようにしましょう。

また、耳の後ろ辺りなど洗い忘れないように、前後左右から満遍なく洗いましょう。

 

すすぎ忘れないようにしっかりシャンプーを落とす

きちんとシャンプーで洗った後は、シャワーで洗い流します。

この時に耳の後ろや髪の長い人は後ろの髪の毛の毛穴の方までしっかり洗い残しのない様に流しましょう。

シャンプーを洗い残すと毛穴の詰まりになってしまったりするので、しっかり流しましょう。

 

ワックスやヘアスプレーで髪を固めている場合は2度シャンプーした方が綺麗に落ちるので、気になる方は2回洗い流しましょう。

 

きちんと洗った後はタオルドライとドライヤーも忘れずに

正しく髪の毛を洗った後は、正しく髪を乾かして、より髪の毛を健康な状態にしましょう。

メンズヘアセットで差がつくドライヤーの乾かし方・使い方

 



 

髪質に合ったシャンプーを使用すると更に効果的

正しい髪の洗い方をする場合、シャンプーも髪質にあったものを選ぶと効果的です。

髪の毛のお悩みを解消できるようなシャンプーを使用しましょう。

コストパフォーマンスの高い市販のものを選びたいなら

シャンプーおすすめ|市販で買える安くてコスパ最強ベスト3

こちらがおすすめです!

 

乾燥毛におすすめのシャンプー

乾燥毛の方には水分量とハリやコシが必要です。

おすすめはこちら▽

 

剛毛におすすめのシャンプー

剛毛の場合、髪の毛が中々いうことを聞いてくれないお悩みがあるので、

そういった方はこちらがおすすめ▽

 

脂っぽい髪質におすすめのシャンプー

髪の毛がべたつく、油っぽかったりペタっとする方はこちらがおすすめ▽

 

 

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます↓







CATEGORIES & TAGS

髪に関する情報,