ヘアログ

メンズ・レディースのヘアセット・ワックスなど、髪に関するお役立ちブログ。

Photo by Rufiyana / Pixabay

髪に関する情報

前髪セルフカット!5つの王道パターンと失敗しない切り方<女性・メンズ必見>

前髪が伸びたからセルフカットで可愛くorかっこよく整えたい!前髪だけだからサロンに行くのはお金もかかるし、、、。という女性・メンズ必見!

失敗せずにうまくできる方法と、オン眉・流し・ぱっつんなど、やりたい5つの前髪パターンをご紹介。

失敗しないための前準備テクニックや必要アイテムも合わせてご紹介します!

 



前髪セルフカットで失敗しないための準備

セルフカット

セルフカットをする際に失敗しないために重要なポイントは、

前髪をスタンダードな状態にしておきましょう。

きちんと根元から濡らして割れ目ができないように、コームを使って前髪を乾かしましょう。

 

これをしっかりやっておかないと、切ってから髪の毛を乾かした時に、

「思っていたのと違う・・・」ということになりやすいのでご注意を。

 

前髪セルフカットで失敗しないための必要なアイテム

セルフカットで失敗しないために必要なアイテムとしては、

  • すきバサミ
  • ハサミ
  • コーム
  • ダッカール(髪留め)

この辺りは揃えておくべきでしょう。

 

前髪以外の髪の毛をしっかり髪留めで止めておかないと、

間違えて切ってしまったり、うまく量を調整できなくなるので注意しましょう。

セルフカットで失敗しないサロンテクとアイテム紹介【メンズ・女性必見】

 

セルフカットの時は髪の毛を濡らす?乾かす?

美容室に行くと髪の毛を濡らしてカットすると思いますが、

髪の毛を濡らす=痛みにくいカットのやり方ということになります。

ただし、素人が髪の毛を濡らしてカットすると仕上がりのイメージがつきにくくなるので、

基本的には乾いた髪をカットする方が良いでしょう。

 

 

基本的な前髪セルフカット

男女共にスタンダードな切り方としては、

  1. コームで前髪をしっかりと前にとかしながら出す
  2. 短くしたいポイントを決める
  3. 前髪を指でつまみ伸ばしながら徐々に切る
  4. ハサミの中間あたりで切る
  5. 仕上がりより少し長めに切り確認しながらする

ここは非常に大きなポイントになります。

 



前髪セルフカット〜オン眉〜

基本的な前髪セルフカットと注意するポイントは同じです。

オン眉の場合、前髪を下ろした際に真ん中に寄せず、髪を広げながら切りましょう。

センターとサイドに三等分に髪の毛を分けるところもポイントです。

 

前髪セルフカット〜シースルーバング〜

シースルーバングの前髪をセルフでやりたい場合のポイントは

  1. しっかりと切らない部分と前髪を分ける
  2. 前髪を横と内側で分ける
  3. 斜めにハサミを入れながら少しずつカット
  4. すきバサミで髪の毛の内側と外側に分けてすく

という部分が大きなポイントになります。

 



前髪セルフカット〜流し前髪〜

髪の毛の流すポイントを決めて、眉間にかかる髪の毛の部分を分けて、切っていきます。

大事なポイントとしては、切る部分を指で固定しながらはみ出すところだけを切るのがポイントです。

 

 

前髪セルフカット〜ぱっつん〜

ぱっつんの前髪をセルフでやりたい場合のポイントは

  1. 横の髪の毛と真ん中の髪の毛を分ける
  2. 気持ち真ん中の髪の毛を狭めに残す
  3. 切るポイントを決めて斜めにハサミを入れる
  4. 切って前髪をコームで下ろして確認しながらを繰り返す
  5. 長さが決まったら横からはみ出した毛を切って完成

になります。

徐々に切って行くが本当にポイントなので、慎重にやりましょう。

 



前髪以外にもセルフで切りたいなら

前髪以外にも後ろやサイドなどセルフで切りたい場合は、

セルフカットで失敗しないサロンテクとアイテム紹介【メンズ・女性必見】

の記事がおすすめです!

 

この記事を読んだ人はこちらも読んでます↓







CATEGORIES & TAGS

髪に関する情報,