ヘアログ

メンズ・レディースのヘアセット・ワックスなど、髪に関するお役立ちブログ。

Photo by terribileclaudio / Pixabay

髪に関する情報

カラーバターとは?黒髮に使える?初心者必見!使い方〜おすすめまでご紹介

2019年2月4日

カラーバターってなに?黒髮にも使えるの?おすすめは?シルバーやピンクに簡単に染めれる?といった初心者ならではの疑問から、ちょっとしたアレンジ方法・使い方までを簡単にご紹介します!

 



カラーバターとは?黒髮にも使える?

カラーバターとは、ヘアカラー剤と違い成分の90%以上がトリートメントでできているカラー剤。

トリートメントでできているので、髪の毛を傷めずにシルバーやピンク、ネイビー、ブルーやイエローなど、発色の良い派手髮をしたい方におすすめです!

 

カラーバターは黒髮ではうまく発色しない

ヘアカラー剤と同じく、黒髮の状態で使用しても上手く発色しないので、使用する場合は一度髪の毛をブリーチしてあげましょう。

ホワイトブリーチのおすすめ&失敗しない正しいセルフでのやり方



カラーバターの使い方

カラーバターの使い方は、市販のヘアカラー剤と同じように髪の毛に塗って放置して洗い流すだけです。

肌や服にカラーバターが着かないように前準備をしたら

  1. 使用前に髪の毛を洗う
  2. 髪をタオルドライした状態にする
  3. ダッカールなどで髪の毛を区分けする
  4. 根元まで全体的にたっぷり塗る
  5. ラップを頭全体にして放置する

この順番で、最後に洗い流せば完成です!

ラップをして放置する際、ドライヤーなどでラップの上から温めてあげると色味が入りやすいのでおすすめです。

セルフカラーで失敗しないコツ!ムラなく痛まないおすすめのやり方



カラーバターの持続は約1ヶ月が目安

カラーバターはヘアカラー剤と違い、髪の毛の表面に付着するので、すぐに色落ちしていきます。

なので、週替わりでヘアカラーの色味が変わって楽しめるのも特徴です。

 

カラーバターは違う色と混ぜて使うことも可能

カラーバターは、美容師でない人でも簡単に混ぜあって使用できます。

市販のカラー剤では売っていないような発色も、あなた次第で作ることができます。

 

茶髪などのカラートーンが低い方の持続にも使用できます

カラーバターは、シャンプー後のトリートメントとしても使用できるので、

茶髪など少しダークトーンの方の色落ちを防ぐことにも使用できます。



カラーバターのおすすめ

カラーバターはドンキやamazon・楽天市場などでも販売されています。

その中でもおすすめなのがこちら!

カラーバターの中でも2019年に流行ること間違い無いのがミルクティーカラー。

特にエンシェールズというメーカーは、カラーバターでは有名な企業なので、おすすめです!

 

白髪染めでも使えるカラーバター!

黒染めは髪の毛が痛みやすくて有名ですが、痛まない黒染めはありですよね。

 

 

派手髮の定番、ピンクカラー!

この記事を読んだ人はこちらも読んでます↓







CATEGORIES & TAGS

髪に関する情報,